トイレつまり水漏れ福岡口コミ評判おすすめ

排水溝のトラブルは自己解決が難しい

洗面所の排水溝はパイプ内の詰まりによってトラブルが起きるため、とにかく定期的なメンテナンスが不可欠でした。粘性が強いものがこびりついてから、自己解決が難しくてなかなか手が出せなかったときを振り返れば、もっと早くにトラブルの解決に結びつく方法を学んでいればと後悔しています。そこで自己解決が難しいことから、専門業者へ依頼することになり、結果としては高い満足度を得ています。業者の解決方法を見ていけば、浄化槽への影響を最小限にすべく、次亜塩酸塩素の濃度が薄い特殊な液体とスプレーして汚れを落としていました。こうしたテクニックは素人では本当に難しいので、プロに一任することが賢明です。また作業全部にかかった費用は1万ほどであり、1回で無事に終了することができました。感想としてはやや高い金額であったものの、プロのみが知るテクニックを間近で見ることができ、よい勉強となりました。よって排水溝のトラブルは、すぐ行動に移すべきだと思っています。

凍結により水道のスパウト部が破損

私の住んでいる島根県は、冬場水道が凍結します。凍結することにより、水の体積が増え、水道管に穴が開いたり、最悪の場合は、破裂することがあります。
今年の冬は、マイナス5度を下回ることもあり、外にある水道には、保温を巻くことが必要でした。しかし、保温を巻くことを忘れ、水道のスパウト部が変形し、水が出なくなりました。
私自身、水道のスパウト部の交換はしたことがありましたが、水道屋を呼びスパウト部を交換し、通水も良好になりました。今回は、スパウト部の変形だけであったため、被害は少なくて済みましたが、これが水道管の破裂などであれば、水道のコマや、ハンドル部の交換が必要になりました。
次回は、水道凍結によるトラブルが起きないように、天気予報で冷えそうな日は、保温材を巻くようにします。また、巻き忘れた場合でも、水道の水を少しずつ出して凍結することを防ぐようにしたいと思います。
今回は、業者を読んで対処してもらいましたが、次回は、自分でスパウトの交換ができるようにしたいです。

タイトルとURLをコピーしました